テレビや雑誌の情報を鵜呑みにしない

ビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養成分は、人の身体における生理作用について多くのことが分かっていますが、健康食品に使われている食材や成分には、現段階では、人の健康に対する機能がはっきり分かっていないものが多くあります。

そうした中で、テレビ、雑誌、インターネットなどでは、特定の食材や成分に、健康に役立つ機能があるとする情報が様々に取り上げられています。

こうした健康情報は、「試験管内での実験」や「マウスなどの動物を用いた実験」で確認された結果をもとにしている場合がありますが、食品の有用性を評価する場合には、こうした実験結果を「人間が摂取した場合」に直接あてはめることはできません。

このため、健康情報を参考にするときは、批判的な目を持って、科学的な信頼性を検討する必要があります。
トップへ戻る
(C)plalanet