利用期間や量を記録する

健康食品の適切な利用のためには、製品の表示に関心を持ち、何をどれだけ摂取しているか、自分自身で把握することが大切です。

健康食品を利用して、身体に不調を感じたとしても、健康食品との関連を証明することは簡単ではありません。

そのため、何を、いつから、どのぐらい利用しているかということが、健康食品に関する相談を受ける医療関係者にとって、とても重要な情報になります。

特に、複数の健康食品を利用している人、医療機関において治療を受けている人は、日ごろから、健康食品の利用状況について記録をとるようにしましょう。
トップへ戻る
(C)plalanet